東秩父村

 

 埼玉県(比企広域圏内の中でも)西部に位置する県内で唯一の村です。比企地域を流れる槻川(つきがわ)の最上流域で、村土の8割が山林で占められています。
 春には一面をピンク色に染める桜や花桃が咲き誇り、夏の納涼に秋の紅葉、そして冬は澄んだ夜空を見上げると満天の星空が広がり、村内の花鳥風月を堪能できます。そのほかにも、一年を通してさまざまな催しものが来村した人を「ほっこり」させる、人も地域も温かい村です。

 

 「和紙の里」として知られる東秩父村は、1,300年前から受け継がれてきた手漉(てす)き和紙「細川紙」の伝統を守り続けています。「細川紙」の手漉和紙技術は世界にも認められ、2014年、「ユネスコ(国連教育科学文化機関)無形文化遺産」に登録となりました。
 昭和63年創業の村内の施設「東秩父村和紙の里」では、その「細川紙」に触れ、和紙漉きの体験ができることから、ユネスコ登録をきっかけに来場者が増えています。

東秩父村役場案内

住所 東秩父村大字御堂634
TEL 0493-82-1221
FAX 0493-82-1562
URL http://www.vill.higashichichibu.saitama.jp/


   東秩父村役場の外観


より大きな地図で 東秩父村 を表示