介護認定及び障害支援区分審査会

委員の構成と職種

職種 業務内容
医師 医師法にもとづき、傷病の診察・治療を行っています。医者とも言います。総合病院内や自宅病院に勤務しています。
歯科医師 歯科医師法にもとづき、歯の病気の予防・治療を行っています。歯科医・歯医者とも言います。病院内や自宅の歯科病院に勤務しています。
薬剤師 薬剤師法にもとづき、調剤や医薬品の製造・供給・その他薬事衛生に従事を行っています。病院内や自宅の薬局に勤務しています。
看護師 国家試験に合格し免許を得て、医師の指示にもとづき、医師の医療補助や傷病者の看護などを行っています。病院や自宅に訪問して必要な看護を行う訪問看護ステーションなどに勤務しています。
保健師 地域の住民が健康な生活を送れるよう、保健指導や健康管理を行っています。保健所・保健センター・医療施設などで勤務しています。
理学療法士 身体に障害のある人に対して、医師の指示のもと、運動療法や物理療法(熱・電気・水などを用いた療法)を用いた機能回復訓練を行っています。医療機関やリハビリ施設、福祉施設などで勤務しています。
作業療法士 心身に障害のある人に対し、主に手先を使う作業療法を用いて日常生活を営むための訓練や生きがい作りを行っています。医療機関や福祉施設などで勤務しています。
社会福祉士 心身や精神上の障害、環境上の理由などから日常生活に支障がある人や家族に対し、専門知識にもとづいた助言・指導・援助を行っています。福祉施設や在宅介護支援センターなどで働いているほか、ソーシャルワーカーとして病院に籍を置いていたり、ケースワーカーとして市町村などで勤務していたりする場合もあります。
介護福祉士 心身の障害で日常生活に支障がある人に対する介護や介護者に対する介護指導を、専門知識と技術を持って行っています。福祉施設や医療機関に介護職員として勤務していたり、ホームヘルパーとして勤務していたりしています。
社会福祉施設関係者 介護保険事業に関係する福祉施設において、入所者や通所者の生活介助全般を行っています。福祉施設に勤務し、従事している方を言います。圏内にあります、すべての福祉施設関係者の方々を指します。