介護認定及び障害支援区分審査会

市町村窓口

申請手続きについて

−介護サービスを利用するためには申請が必要です−

詳しいことについては、各市町村の介護保険担当窓口へお問合せください。


市町村案内へ

(注2) −居宅介護支援事業者とは−
 利用者の依頼に基づいて、介護サービス計画を作成したり、サービス事業者との調整やサービスを利用する時の相談にも応じてくれるケアマネージャー(介護支援専門員)のいる、都道府県知事の指定を受けた事業者のことです。

申請に必要なもの

 介護サービスを受けようとするときは、介護保険被保険者証を窓口に提出してください。

  第1号被保険者 第2号被保険者
1要介護認定申請書
2介護保険被保険者証
3医療保険被保険者証  
  1. 要介護・要支援認定申請書
    窓口にあります。まずは、この用紙に記入して申請をしてください。
  2. 介護保険被保険者証
    65歳以上の方は、住所地に送られています。
    40歳以上65歳未満のかたは、2回目の申請より必要となります。
  3. 医療保険被保険者証
    いつも、病気等になったときに使用している保険証のことを指します。申請を希望する方は必ずお持ちになってください。
    なお、この医療保険被保険者証をお持ちでないと、介護保険を利用することはできません。