介護認定及び障害支援区分審査会

市町村認定

 介護認定審査会の審査結果に基づき、介護が必要な「要介護1〜5」、予防的な対策が必要な「要支援」、介護保険の対象とならない「非該当(自立)」の区分に分けて認定され、その結果が記載された認定結果通知書と保険証が届きます。なお、要介護認定・要支援認定の効力は申請日にさかのぼります。

要介護度 要介護度別によるおおよその目安
要支援 食事や排泄はほとんど自分でできるが、身の回りの世話に介助が必要。(施設サービスは利用することができません)
要介護度1 食事や排泄はほとんど自分でできるが、掃除などの身の回りの一部に介助が必要。立ち上がりなどに支えが必要。
要介護度2 食事や排泄に介助が必要なことがあり、身の周りの世話全般に介助が必要。立ち上がりや歩行に支えが必要。
要介護度3 排泄や身の回りの世話、立ち上がり等がほとんどできない。歩行が自分でできないことがある。
要介護度4 排泄や身の回りの世話、立ち上がり等がほとんどできない。歩行が自分でできない。問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護度5 食事や排泄、身の回りの世話、立ち上がりや歩行等がほとんどできない。問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
非該当(自立) 介護保険によるサービスは受けられませんが、市町村が行う保健・福祉サービスなどを利用できる場合がありますので、市町村に問合せてみてください。

認定の有効期間

更新の手続きについて