介護認定及び障害支援区分審査会

介護サービスの利用

 介護保健では、原則としてかかった費用の1割を負担すれば介護サービスが利用できます。
 自己負担が重くなったときや、所得の低い方には負担を軽減する仕組みもあります。

在宅サービス

要介護度 在宅サービス利用限度額(月額)
要支援 6万1500円
要介護度1 16万5800円
要介護度2 19万4800円
要介護度3 26万7500円
要介護度4 30万6000円
要介護度5 35万8300円

 

サービスの種類

訪問介護(ホームヘルプ)

 ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄などの身体介護や、炊事、掃除などの生活援助を行います。
 生活援助中心型の訪問介護については、要介護者がひとり暮らしのため・同居家族等の障害・疾病等のために、自ら行うことが困難な家事で、要介護者等の日常生活上必要なものに限られています。

訪問入浴介護

 入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。

訪問看護

 訪問看護ステーションや医療機関の看護士が家庭を訪問して、主治医と連絡をとりながら、病状を観察したり床ずれの手当などを行います。

通所介護(デイサービス)

 デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

訪問リハビリテーション

 理学療法士や作業療法士が家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。

通所リハビリテーション(デイケア)

 介護老人保健施設や医療機関などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションが受けられます。

福祉用具の貸与

 心身の機能が低下した高齢者に、日常生活の自立を助ける用具を貸し出しします。
特殊寝台・手すり・特殊寝台付属品(マットレスなど)・歩行器・歩行補助杖・褥瘡予防用具(エアーマットなど)・体位変換器・移動用リフト・車いす・スロープ ・車いす付属品・痴呆性老人徘徊感知機器

施設サービス

 施設サービスは、介護が中心か、治療が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かなどによって、入所する施設を3種類から選択します。

介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)

 日常生活に常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。食事・入浴・排泄などの日常生活の介護や健康管理が受けられます。

介護老人保健施設 (老人保健施設)

 病状が安定し、リハビリに重点を置いたケアが必要な高齢者が入所します。医学的な管理のもとで、日常生活の介護や機能訓練が受けられます。

介護療養型医療施設 (療養型病床群等)

 急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする高齢者のための医療機関の病床です。医療・看護・介護などが受けられます。

※施設サービス費は、要介護度や施設の体制によって異なります。

「非該当(自立)」と判定された方は・・・

介護サービスの利用はできませんが、市町村の保険福祉事業、老人保健、一般福祉などでのサービスを利用できることがありますので、市町村の高齢者福祉担当課などにご相談ください。

市町村案内へ