介護認定及び障害支援区分審査会

新規申請者

40歳以上のみなさんは介護保険の加入者(被保険者)です。年齢により加入の仕方は2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件も異なります。

65歳以上の方(第1号被保険者)

介護サービスを利用できるのは介護が必要であると認定された人。
どんな病気やケガが元で介護が必要となったかは問われません。

40歳〜64歳の方(第2号被保険者)

介護サービスを利用できるのは老化が原因とされる病気(特定疾病(注1))により介護が必要だと認定された人。
特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象となりません。

(注1) −特定疾病とは−
 年齢を重ねるごとにかかり易くなり、介助を必要とする可能性が高い疾病を厚生労働省の基準により以下15の疾病が指定されています。

 65歳になると、市町村から保険証(介護保険被保険者証といいます)が交付されます。第2号被保険者は、要介護認定の申請をして認定結果が出た場合などを除き、介護保険被保険者証は交付されません。

介護保険被保険者証はこんなときに必要です