介護認定及び障害支援区分審査会

判定のしかた

「訪問調査員が、申請者の自宅や入所施設先で調査してきた結果を報します。」

79項目の質問調査があります。
その主な内容は

  • 視力、聴力について
  • 飲み込み、立ち上がりができるか
  • 入浴や排泄、食事で介助が必要か
  • ひどい物忘れ、徘徊等の行動があるか
  • 過去14日に受けた医療に関すること

「心身の状況について、医師が診断した結果を評価します。」

  • 市町村の依頼により主治医が意見書を作成します。
  • 主治医がいない方は、市町村が紹介した医師の診断を受けます。

1回目の判定

(1次判定と言います)

2次判定結果を各市町村に通知します。